スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Düsseldorf Carlsplatzのチーズ屋さん

IMG_5637.jpg
Düsseldorf の Carlsplatz は、色々な食材が揃う市場です。
IMG_5638.jpg
八百屋、肉屋、花屋、パン屋などが軒を連ねていますが、IMG_5639.jpg
私がとても気に入っているのが、このチーズ屋さんです。
IMG_5634.jpg
前回買ったコンテ(Comte)がものすごく美味しかったのです。
cHEESE_0004.jpg
コンテとは、どんなチーズなのでしょうか?
Comteは、フランスの東部、スイスと接するフランシュ・コンテ地方で作られているハードタイプの大きなチーズで、フランスで最も消費量の多いチーズです。
Comteは、1000年以上もの歴史を持つ、とても奥の深いチーズで、1958年にA.O.C.(原産地呼称統制)を取得しています。
モンベリアード種の牛のミルクを原材料とするComte。牛たちは、夏は牧草地で自然に育つ草花を食べ、冬はその干し草を食べるため、夏のミルクで作ったチーズの方が若干黄色い仕上がりになります。
熟成士によって、最低4ヵ月(実際は、6か月、12か月、18か月、24か月)の熟成を経たComteは、熟成士に評価されます。
12点以上のものだけが「コンテ」を名乗る事ができます。12~13点が茶色のラベル、そして14点以上のものが緑色のラベルを貼られて出荷されます。CHEESE_0001.jpg
今回は、真空パックにしてもらいました。これで冷蔵庫に入れれば、2ヵ月保管できるそうです。
Comteは、旨味の塊ですね!
IMG_5633.jpg
今回は、もう一つすごいチーズが目に飛び込んできました。
トリュフゴーダチーズ!
CHEESE_0003.jpg
オランダの街ゴーダで作られるゴーダチーズ。これにトリュフが散りばめられています。
これは、たまらない!倒れてしまいそうなくらい美味しい!
CHEESE_0002.jpg
こちらも真空パックでお持ち帰りです。
何と合わせようかな?ワイン?それとも
FB0001.jpg
ヨーロッパのビールですかね?
Euro Barrels販売サイト
IMG_5656.jpg
次回は、どんなチーズとの出会いがありますかね?楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。