はちみつと糖尿病の予防

前回の記事で、ハチミツと糖尿病の関係について触れさせていただきました。
今回は、ハチミツと糖尿病の予防に関してです。
fc2blog_201708250659506b0.jpg
食事の時に「まず野菜から食べると良い」と聞いたことがありませんか?
これは、”野菜が嫌いな子供に野菜を食べさせる”
”現代人の野菜不足解消”と言う意味ではありません。
野菜を先に食べることで、血糖値の上昇が緩やかになります。
kotsu_img04.gif
また、炭水化物を含む食事を短時間で済ませると急激な血糖値の上昇を引き起こします。
よく噛んで、ゆっくりと食べることは、糖尿病の予防にも大切なことです。
insulin_normal.jpg
血糖値が上昇すると膵臓からインスリンが分泌されて、血液中のブドウ糖は、内蔵や筋肉、脳に取りこまれます。
insulin_abnormal.gif
しかし、急激な血糖値の上昇を伴う食事や頻繁に血糖値の上昇を伴う食事習慣(間食)を繰り返していると膵臓の機能が低下し、インスリンが分泌が低下してしまいます。
そして、血糖値が高い状態が続き、糖尿病に近づいて行くのです。

さてここで、話をはちみつに戻しましょう。
甘みの強いはちみつは、血糖値を急激に上昇させるイメージがありませんか?ところが全く逆なんです!
血糖値の上昇が低い食べ物です。
kettouti_img01.gif
前回の記事でも出てきた「GI値」と「II値」です。
GI値は、グリセミック・インデックスの略です。食品ごとの血糖値の上がり易さを示したもので、この値が低いほど血糖値の上昇が緩やかになります。
II値は、インスリン・インデックスの略で、この値が低いほど、インスリンを過剰に分泌させない糖の代謝に良い食品とされています。
グラフからわかるようにGI値は、国産アカシアで40%程度、II値で50%と血糖値の上昇が穏やかな食品と言えます。
graph04.gif
参考までにルーマニア産の輸入アカシアはちみつの飲用後の血糖値の値のグラフを見てみると ブドウ糖に比べて、血糖値の降下が早いことが見て取れます。
kettouti_img02.gif
さらに国産のアカシアはちみつに関しては、輸入アカシアはちみつに比べて低い値を示しています。
IMG_5826.jpg
はちみつは、砂糖に比べてカロリーが低く、甘みを強く感じます。
コーヒーや紅茶に入れる砂糖の代わりにはちみつを使うことで摂取カロリーを抑えることができます。
その他にも多くの効能がある、国産天然はちみつを上手に使って、健康な生活を送りましょう!
国産のアカシアはちみつのご購入はこちらをクリック
スポンサーサイト

はちみつと糖尿病

はちみつの販路を拡大するため、ご近所でいつもお世話になっている、薬局に置いていただけるか?相談に行ってきました。
そこで「ハチミツは、糖尿病の人に食べてもらっていいの?」との質問を受けました。
今まで考えたことが無い点に関する質問です。薬剤師としての強い責任感が伝わってきました。
大きな「夏休みの宿題」をいただきました。
早速、「はちみつと糖尿病」の関係について、調べてみました。
a6.jpg
はちみつの主な成分は、「ブドウ糖と果糖」です。
吸収されたブドウ糖は、インスリンの働きで、脳、筋肉、臓器に運ばれます。
大切なエネルギー源です。
yjimage.jpg
しかし、インスリンの働きが悪くなってしまうと血液中のブドウ糖が上手く脳、筋肉、臓器に採り込まれず、血糖値が高い状態が続いてしまい、この状態が継続すると合併症が発生する原因になります。
糖尿病の患者さんは、できるだけ緩やかに血糖値が上昇する食事が必要になります。
では、ハチミツはどうでしょうか?
ここからは、大手ハチミツ会社のデータをお借りして、説明します。
まずは、「GI値」と「II値」についてです。
「GI値」とは、「グリセミック・インデックス」の略。食品ごとの血糖値の上がりやすさを示したもので、GI値が低いほど、血糖値が上がりにくく健康によい食品とされています。「II値(インスリン・インデックス)」という指標もあり、これも低いほど、糖の代謝に必要なインスリンホルモンを過剰に分泌させない、よい食品とされています。甘みの強いはちみつは高GI食品(血糖値が上がりやすい)というイメージがあるようですが、実際のところはどうなのでしょうか?
kettouti_img01.gif
健康な成人男女(21~73歳)に、異なる7種類のはちみつを摂取させ、摂取前後の血糖値とインスリン値からグリセミック・インデックス(GI値)およびインスリン・インデックス(II値)を算出することで、はちみつがヒトの血糖値およびインスリン分泌に与える影響を評価しました。
その結果、GI値、II値 ともに、7種の中ではアカシアはちみつ(日本産、ルーマニア産)が最も低い数値を示しました。
kettouti_img02.gif
ブドウ糖と比較した場合、はちみつでは血糖値が元に戻りやすいという結果も得られました。
また、はちみつのフルクトース含有率とII値とは負の相関を示すこともわかりました。アカシアはちみつ(日本産、ルーマニア産)が血糖値の上昇やインスリンの分泌を最も効果的に抑制したのは、試験したはちみつの中で、フルクトース含有率が最も高いためと考えられます。
IMG_5826.jpg
食べすぎには注意が必要ですが、ハチミツは糖尿病の方にも食べていただけることがわかりました。
特に「アカシアはちみつ」がお勧めです。
今回は、糖尿病の患者さんに関して書かせていただきましたが、糖尿病の予防にもハチミツが、力を発揮することがわかりました。
次回は、「はちみつと糖尿病の予防」に関してです。


南アルプス天空舎

昨年、早々に品切れしてしまった「南アルプス天空舎」のアカシアはちみつが採れました!との連絡が入りました。
逸る気持ちを抑え乍ら、先方様と日程を調整して、現地視察と買い付けに出発です(^-^)/
IMG_5723.jpg
南アルプス山麓「いやしの里」。はちみつの生産拠点です。
IMG_5724.jpg
事務所?です。生憎の雨模様の中の早朝ドライブの疲れをコーヒーとハチミツが癒してくれました。
ハチミツには、強力な疲労回復効果があるのです。それに関しては、また次回ゆっくりと解説します。
IMG_5726.jpg
遠心分離機です。電動式!素晴らしい!!IMG_5727.jpg
蜂箱を見せていただきました。台風襲来の予報もあり、風雨対策の為にトタン板とブロックが載せてあります。
IMG_5729.jpg
以前視察した、長野の養蜂場と違うのは、巣枠が複数段重ねてあることです。
蜂は、巣枠が卵や蜜でいっぱいになると分蜂の準備を始めるそうです。
巣枠を増やすことで、分蜂させること無く、効率的に蜜を集めることができます。
また早めに蜜を絞る必要が無いため、ハチミツを熟成する事ができるとのこと。
なるほど(*^_^*)
IMG_5744 (2)
さて、この中から、女王蜂を探せますか?
HONEY_0020.jpg
今回仕入れたハチミツは、糖度81.8%、完熟プレミアム!
IMG_5757.jpg
2017年6月の新蜜を10kg 仕入させていただきました。
なんと美しい黄金色のハチミツでしょうか!
IMG_5759.jpg
帰りには、「はちみつクレープ」をいただきました。店長さん、ありがとうございました。
IMG_5826.jpg
南アルプス天空舎のラベルデータが上手く読み込めなかったので、オリジナルラベルで販売開始です。
160g 瓶と
IMG_5829.jpg
300g 瓶の2種類を用意いたしました。
ご購入は➡ Euro Barrels(クリック)
店頭販売は、「ふじはら酒専門店」 新京成電鉄 滝不動駅徒歩4分
047-449-2803

ハチミツを絞ってきました!

ハチミツに携わりながら、まだ実際にハチミツを絞る工程を見たことがありませんでした。
この度、念願が叶って「ハチミツ絞り」に同行させていただくことができました。
IMG_5058.jpg
これが蜂箱です。実際に蜂が入っている蜂箱をまじかで見るのは初めてです。
IMG_5064.jpg
上に載っている道具で蜂に煙をかけて、おとなしくさせます。
IMG_5060.jpg
これが遠心分離機です。
昔は、巣を切り取り、押しつぶして蜜を絞っていましたが、 1865年にオーストリアのフルシュカが考案したこの遠心分離機によって、ミツバチ一群当たりの採蜜量が飛躍的にアップしました。 
IMG_5072.jpg
中は、こんな感じです。
IMG_5078.jpg
蜂箱の上段にあるミツバチがハチミツをためる木枠を取りだします。
ミツバチは、ハチミツが完成するとその上に蓋をします。
その蓋をナイフで削ぎ落とし、遠心分離器に入れます。
IMG_5081.jpg
ハンドルを回すと、遠心力でハチミツが絞られます。
IMGP7290.jpg
遠心分離機の側面に飛んだハチミツが、底に溜まってきます。
IMG_5095.jpg
それをフィルターで濾して、瓶に詰めると完成です。
このべっこう色のハチミツは、「りんご4割+山桜6割り」の百花蜜です。
おいしそうですね~
IMG_5090.jpg
この後、ミツバチ達は「Grapple TAKADA」農園http://www.ne.jp/asahi/kamiinanokaori/t.takada/vineyard/Home.htmlできれいに咲いているリンゴ「王林」の花に飛んでいきました。
リンゴの受粉作業をしながら、花の蜜を集めるミツバチ達。
とても働き者です。
国産天然ハチミツのご購入はhttp://eurobarrels.jp

「乳児ボツリヌス症」について

これまで、ハチミツの効能について書いてきましたが、一点だけ注意していただきたいことがあります。
それは、「1歳未満の乳児には、ハチミツを食べさせないでください」と言うことです。
先日、東京で離乳食として、ハチミツ入りのジュースを飲んだ生後6カ月の赤ちゃんが亡くなると言う事例がありました。
ニュース記事⇒テレビ朝日系4/8(土) 5:55配信
お亡くなりになった赤ちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。

HONEY_0002.jpg
「ハチミツには、ボツリヌス菌がはいっているの?」
「食べたら食中毒になるのでは!」
そのような心配は必要ありません。

乳児ボツリヌス症とは、1歳未満の赤ちゃんがボツリヌス菌の「芽胞(がほう)」と呼ばれる菌の種のようなものを、食品を通して体内に入れることで重症化する感染症です。
芽胞が含まれる食品として、ハチミツや黒砂糖、またこれらを使用した製品があげられます。芽胞が赤ちゃんの腸の中に入ると、発育・増殖して毒素を出すことでボツリヌス症が引き起こされます。
ボツリヌス菌の芽胞は、大人が食べても害はありません。
その理由は、1歳以上になると消化器官が発達し、腸内環境が整うため、大腸の正常細菌叢により増殖できないのです。
しかし、1歳未満の赤ちゃんは消化器官が未熟で、腸内環境も整っていない状態なので、ボツリヌス菌の芽胞でも腸内で発育・増殖を抑え込むことができません。
ボツリヌス菌自体は、大人でも激しい食中毒症状を引き起こす原因菌です。
ただし、食中毒症状は、食品の中で発育し、大量に増殖した菌の体内摂取によって、菌が出すボツリヌス毒素が引き起こす「ボツリヌス食中毒」で、芽胞の摂取が原因で起こる「乳児ボツリヌス症」とは区別して考えられます。

ハチミツ自体、殺菌力が高いことは、前にも述べさせていただきましたが、その殺菌力は「芽胞」には及ばないようです。
感染症発生動向調査週報「乳児ボツリヌス症」で更に詳しい調査内容がご覧いただけます。
国立感染症研究所 感染症発生動向調査週報「乳児ボツリヌス症」へのリンク

赤ちゃんがはちみつを食べても、全ての赤ちゃんが必ず乳児ボツリヌス症を発症するとは限りません。しかし、発症してしまった場合は重篤な状態になることもあります。

乳児ボツリヌス症にかかると、最初に元気がなくなって母乳やミルクを飲む力が弱くなります。菌によって消化器官が働かなくなり、便秘などの症状が現れるのも特徴です。その後、神経麻痺が起こって、体に力が入らなくなり、脱力症状も出てきます。

この神経麻痺が進行すると、呼吸器の神経を麻痺させて無呼吸状態となり、重症化する危険があります。乳児ボツリヌス症を発症した場合は、自然治癒というわけにはいきません。危険な状況を招いてしまうので、症状がみられた場合はすぐに病院を受診しましょう。

厚生労働省によると、日本で市販されているはちみつにボツリヌス菌が含まれる可能性は、最大で6.7%です。
厚生労働省の資料⇒厚生労働省「ボツリヌス菌汚染実態に関わるデータ」

実際にはちみつを食べて乳児ボツリヌス症を発症したという報告もほとんどありません。誤ってはちみつを食べたからといって過度に慌てることはありませんが、絶対に発症しないとはいえないのも事実です。

万が一、赤ちゃんがはちみつを食べてしまった場合は、すぐに症状が出ていない場合でも、発症までの潜伏期間が3~30日と長期にわたるので、3日以上続く便秘など乳児ボツリヌス症の消化器系の症状が現れないかを継続的にチェックする必要があります。少しでも普段と違う様子があれば小児科を受診しましょう。

はちみつは健康に良いものですが、1歳未満の赤ちゃんにはくれぐれも食べさせないように気をつけてください。外食したときや市販の食品には、思いがけずはちみつが原材料として含まれている場合もあります。はちみつ単体だけでなく、はちみつを含んだ食品にも注意が必要です。

以上、長くなりましたが、正しい知識と理解で「ハチミツの力」で健康な生活をお送りください。