山口県横断旅行記⑧「岩国錦帯橋空港から帰路に」

岩国錦帯橋空港までは、焼き牡蠣屋さんから1時間弱。
岩国錦帯橋空港は、アメリカ海兵隊、海上自衛隊の基地を軍民共用しています。
IMG_4581.jpg
空港のターミナルに入るとこじんまりとした空間に子供達の人気スポットが!
地元出身のANAの整備士の方が作ったそうです。
IMG_4582.jpg
なんと、リアルです。B787が岩国錦帯橋空港にも飛んでくるのでしょうか?
IMG_4587.jpg
大人に人気のスポットは、こちら\(^o^)/
IMG_4586.jpg
岩国の地酒が勢ぞろいしています。
IMG_4584.jpg
「獺祭」も各種在庫切れ無し。
IMG_4585.jpg
今回は、先輩が奨める「雁木」を購入。
このお酒は、ANAのファーストクラスでも出されていたそうです。
帰っての一杯が楽しみ!
IMG_4788_2.png
山口県は、酒どころで有名です。
IMG_4789_2.png
ガイドブックのこのページ、何度も見返しています。
IMG_4583.jpg
14:35分発のANA636便で帰る予定です。
IMG_4589.jpg
歴史と素晴らしい風景、優しい人々と美食そして日本酒、全てが素晴らしかった「山口県横断+宮島の旅」。
思い付きで計画した旅でしたが、大満足です。
山口県の旅、皆さんにお勧めします。
スポンサーサイト

山口県横断旅行記⑦「山口を出て、広島県の宮島に」

IMG_4530.jpg
朝、目が覚めると目の前には、「大畠瀬戸の渦潮」を進む、客船らしき船が!
操船がさぞ難しいのだろうな~と思いながら、朝風呂に!
IMG_4531.jpg
昨日、「錦帯橋」に行ってしまったので、今日の予定を朝風呂に浸かりながら考えた結果、出ました名案「宮島観光」
大観荘から国道188号線で、1時間ほどでした。
駐車場の料金がいろいろあって迷いましたが、船乗り場の傍に駐車しました。
親切な駐車場でした。IMG_4533.jpg
JR西日本のフェリーに乗ります。
驚いたことに日本人率が低い。西洋からの観光客がとても多いです。
それほど有名なのですね!
IMG_4541.jpg
宮島の桟橋に近づきます。
IMG_4542.jpg
こんな船でした。
IMG_4545.jpg
フェリーターミナルを出ると小鹿がお出迎えしてくれました。かわいい!
鹿は、紙やビニール袋を食べてしまうそうです。消化できずに死んでしまうこともあるので、ポケットの物には要注意です。
IMG_4547.jpg
見どころが沢山ありますが、今日は定番の「厳島神社」に向かいます。
参道のお土産屋さんには、誘惑が沢山!美味しい食べ物が、、、
IMG_4561.jpg
鳥居です。
IMG_4562.jpg
鳥居を背にして、社殿を見ます。
IMG_4565.jpg
「反橋」です。
神社を後にして、参道を通って、フェリーターミナルへ。
途中でもみじ饅頭屋さんに寄りました。
焼きたては、美味しいですね。
IMG_4567.jpg
宮島口から到着したフェリーです。こんなに乗っていいの?ってくらい人が乗っています。
早い時間から行動したので、気になりませんでしたが、宮島口に着いた折り返しの船は、お客さんが乗りきれず、次便待ちの状態でした。早めの出発がお勧めです。
IMG_4569.jpg
車に戻って、「岩国錦帯橋空港」に向かいます。
宮島の参道で焼き牡蠣のおいしそうな匂いがしていたので、焼き牡蠣が食べたくなってしまいました。
というわけで、旅の〆!焼き牡蠣
IMG_4571.jpg
40個と牡蠣飯、カキフライを頼みました。
IMG_4573.jpg
思ったよりデカい!
IMG_4574.jpg
こんな感じで焼きます。焼き係は、もちろん私です。
IMG_4577.jpg
牡蠣飯おいしそう!カキフライはあっという間に無くなってしまい、映像に残せませんでした。
IMG_4578.jpg
焼けてきましたね~
IMG_4575.jpg
お決まりのこれも!
お腹もいっぱいになりましたので、岩国錦帯橋空港に向かいます。

山口県横断旅行記⑥「錦帯橋」

IMG_4461.jpg
前から一度訪れてみたかった「錦帯橋」
ようやく願いがかないました。
五連のアーチが美しい木造の橋です。
IMG_4469.jpg
橋を渡り、ロープウェイで岩国城へ!
IMG_4471.jpg
山頂に聳え立つ、白く美しい城です。
IMG_4473.jpg
天守閣からの眺めは、絶景です。眼下には、錦帯橋、岩国基地が見渡せます。
IMG_4479.jpg
ロープウェイで山を下ると
IMG_4495.jpg
時間があったので、入ってみました。
IMG_4487.jpg
綺麗な白蛇です。
青大将の突然変異(アルビノー)だそうです。
IMG_4493.jpg
生まれた時から人間に育てられているため、人間を怖がらないとか?確かに見学者が沢山いても、マイペースで動いています。
蛇はあまり好きではありませんが、見入ってしまいました。
なんか、可愛い!!
IMG_4498.jpg
また錦帯橋を渡ります。
IMG_4465.jpg
本当に美しい橋です。
YMG_0020.jpg
錦帯橋から今日の宿「周防大島温泉 ホテル大観荘」に向かいます。
IMG_4508.jpg
大島大橋を渡って、すぐ右側です。
IMG_4510.jpg
部屋はすべてオーシャンビューです。
目の前に「大畠瀬戸の渦潮」が見えます。
日本三大潮流の1つとして有名で、最大潮流9ノット、昔から海の難所として多くの船の航行を苦しめてきたそうです。
吸いこまれてしまいそうな、大自然の迫力です。
IMG_4511.jpg
サンセットもとてもきれいです。
でも今日は、素泊まりです。
IMG_4513.jpg
夕食は、「かわい寿司」さんを予約しました。
IMG_4515.jpg
ふぐ皮のお造りです。
唐戸市場で食べたふぐとは、段違いのおいしさ!
IMG_4518.jpg
お酒は、「五橋」と「龍の尾」を飲み比べ!
私は「龍の尾」に、義父は「五橋」に軍配を上げました。
IMG_4520.jpg
鳥貝を焼いてもらいました。
これまた最高の酒のつまみです。
IMG_4523.jpg
特上の海鮮丼。言うこと無しです。
IMG_4525.jpg
お吸い物。絶品です。
最高の一日を素晴らしくおいしい夕飯で締めくくることができました。
御馳走様でした。

山口県横断旅行記⑤「秋吉台、秋芳洞」

吉田松陰先生にいただいた、お土産を胸に「秋吉台カルスト台地」を目指します。
YMG_0018.jpg
秋吉台は太古の昔、サンゴ礁でした。長い年月をかけて日本最大規模の石灰岩の高原、カルスト台地になりました。
IMG_4427.jpg
車で走っていると突然周りの風景が変わってくるという、面白い場所です。
IMG_4421.jpg
一面に石灰岩柱が立ち並ぶ「地獄台」
IMG_4429.jpg
見どころが沢山、別の星日本ではないような不思議な景色です。
YMG_0019.jpg
観光案内所のおねーさんお勧めの「秋芳洞」へ!
日本最大級の地下鍾乳洞!!
エレベーターで秋芳洞のシンボル「黄金柱」の傍に降りることができます。
JAFの割引が効きますので、会員の方は会員証をお忘れなく!
IMG_4430.jpg
これが黄金柱です。
IMG_4433.jpg
大黒柱
IMG_4434.jpg
ライオン岩
IMG_4448.jpg
黒谷口です。
IMG_4449.jpg
外に繋がるトンネルは、タイムトンネルとしてライトアップされています。
IMG_4439.jpg
百枚皿
IMG_4442.jpg
案内所側の出口が見えてきました。
IMG_4445.jpg
岩の裂け目に橋が掛かっています。
これで秋芳洞の見学は終了。
一見の価値ありです。
私だけ、車を取りにエレベーター口に戻り、駐車場にへ!
YMG_0015.jpg
以外に早く見学できたので、錦帯橋を目指します。
途中の美東SAで昼食です。
IMG_4452.jpg
名物「美東瓦蕎麦」
IMG_4454.jpg
実物は、こんな感じです。つけダレは、若干甘め。そばがのっている瓦は、あっつあつです。
瓦に面したソバは、焼きそば?状態。新感覚で面白いソバです。
YMG_13.jpg
とても気になっていたのが「見蘭牛」
天然記念物の見島牛とホルスタインをかけ合わせたブランド牛。
YMG_0014.jpg
思わず買ってしまいました。美味しかった\(^o^)/
腹ごしらえも済んだので、山陽自動車道で岩国を目指します。

山口県横断旅行記④「萩、秋吉台」

ぐっすり寝たため、日頃の疲れが飛んでいきました。
朝風呂の後は、
IMG_4394.jpg
朝食です。
IMG_4395.jpg
温かな”おもてなし”でした。
IMG_4372.jpg
宿をチェックアウトした後、私たちの姿が見え無くなるまで、支配人さんと仲居さんを見送ってくださいました。
お食事だけでなく、人の温かさを感じる素晴らしい宿です。
六角堂の皆さん、ありがとうございました。
YMG_0017.jpg
仲居さんお勧めの萩に向かうことにします。
ところが、季節外れの寒気の影響で霰混じりの土砂降りです。
IMG_4402.jpg
とりあえず、JR萩駅で車を止め作戦会議。
IMG_4401.jpg
萩駅の待合室は、鉄道記念館のようになっていて、展示物が沢山あります。
IMG_4400.jpg
ゆっくり見ていたら、半日は掛かってしまいそうです。
そこに館長さん?が、
IMG_4405.jpg
6月のトワイライトエクスプレス「瑞風」が東萩駅でお客さんを下して、萩駅まで回送されるんだとお話ししてくださいました。
「ホームが短いので、10両が停まりきらないんだと」とのことでした。
でも何だかうれしそう!
萩の見どころをとても親切に教えていただきました。
でも外は荒れ模様です。
YMG_0016.jpg
「館長さん、ごめんなさい。また必ずきますから」
ということで、秋吉台に向かいます。
IMG_4412.jpg
休憩を兼ねて、道の駅「萩往還」に立ち寄ると
IMG_4406.jpg
初代内閣総理大臣「伊藤博文」、長州藩士で近代日本の礎を築いた立役者「木戸孝允(桂小五郎)」、第3代内閣総理大臣「山縣有朋」の銅像が、
IMG_4411.jpg
そして、「松陰記念館」があります。しかも入場無料(*^_^*)
IMG_4409.jpg
松下村塾の様子を再現した展示スペースに近づくと突然、音声テープの再生が始まります。
(ちょっとビックリ!!)
門下生 「先生、わしゃー覚えるのが苦手で、すぐ忘れてしまう!勉強には向いてないんじゃ?」
松陰 「一回で覚えてしまう人は、読み返すことをしない。すぐに忘れてしまう人は、何度も何度も読み返し、理解を深めていくもんじゃ!」
なるほど、私も励まされた気がします。
家族みんなで聞き入ってしまいました。
吉田松陰先生のファンになってしまった。
偶然立ち寄った道の駅で、大きなお土産をいただいた気がします。